美しさは
“美肌菌の差”

美肌菌とは皮膚の表面にいる善玉菌(表皮ブドウ球菌)です。美肌菌は保湿成分(グリセリン)を出す(ハリ、ツヤ、潤い)働きにより肌が加齢や外的環境ストレスに負けず強く輝き続けるために必要な大切なパートナーと言われています。

ヒト由来乳酸菌生産物質とは!?

美肌菌ケアの要となるPS-B1ヒト由来乳酸菌生産物質を配合。

乳酸菌の代謝物であり、20年以上美肌菌の研究をしている研究所独自の技術により(※製法特許取得) つくられた、

美肌菌活性に欠かせないバイオ成分です。

美肌菌スキンケア
~菌と共に『美を育てる』新時代のエイジングケア~

・美肌菌が棲みやすい環境をつくる
・栄養を与え守りしっかりと育てる
・肌の菌バランスを整える

 

美肌菌を大切にすることにより肌の自活力を高め、理想的な美しい肌を菌と共に育む。これがビオニストが導きだした新しい時代の答えです。

美しさは〝美肌菌の差″

美肌菌とは
皮膚の表面にいる善玉菌(表皮ブドウ球菌)です。
美肌菌は
保湿成分(グリセリン)を出す(ハリ、ツヤ、潤い)
働きにより肌が加齢や外的環境ストレスに負けず強く輝き続けるために必要な大切なパートナーと言われています。

ヒト由来乳酸菌生産物質とは!?

美肌菌ケアの要となるPS-B1ヒト由来乳酸菌生産物質を配合。
乳酸菌の代謝物であり、20年以上美肌菌の研究をしている研究所独自の技術により つくられた、
美肌菌活性に欠かせないバイオ成分です。

美肌菌スキンケア


~菌と共に『美を育てる』新時代のエイジングケア~

・美肌菌が棲みやすい環境をつくる
・栄養を与え守りしっかりと育てる
・肌の菌バランスを整える

 

美肌菌を大切にすることにより肌の自活力を高め、理想的な美しい肌を菌と共に育む。これがビオニストが導きだした新しい時代の答えです。

What’s 美肌菌

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、グリセリンを作り出します。美肌菌が作り出す保湿成分(グリセリン)と同時に肌は自ら保湿成分(自家製保湿因子)をつくりだしています。保湿膜は肌の水分蒸発を防いだり外的刺激からお肌を守ります。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、栄養源を元に有機酸を作り出します。作り出された有機酸によって肌は弱酸性の状態を保っています。弱酸性の肌環境は善玉菌が棲みやすい環境です。一方、悪玉菌はアルカリ性の肌環境を好みます。

美肌菌がつくる抗菌ペプチドは外来菌や病原菌の定着や侵入を防ぎ外的刺激から守っています。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、グリセリンを作り出します。美肌菌が作り出す保湿成分(グリセリン)と同時に肌は自ら保湿成分(自家製保湿因子)をつくりだしています。保湿膜は肌の水分蒸発を防いだり外的刺激からお肌を守ります。

美肌菌がつくる抗菌ペプチドは外来菌や病原菌の定着や侵入を防ぎ外的刺激から守っています。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、栄養源を元に有機酸を作り出します。作り出された有機酸によって肌は弱酸性の状態を保っています。弱酸性の肌環境は善玉菌が棲みやすい環境です。一方、悪玉菌はアルカリ性の肌環境を好みます。

炎症(例えば赤みやニキビ)に対して、美肌菌を育てることにより、肌の菌バランスを整える働きがあります。菌バランスを整えることにより炎症の原因である細菌の増殖も防ぎます。美肌菌の働きにより、お肌が保湿されることによって、アクネ菌のエサである皮脂の過剰分泌を抑えることで炎症を抑えます。

美肌菌バランスが整うことで、肌表面の汗と皮脂バランスが整い皮脂膜(バリア機能)が強化されます。また皮脂膜(バリア機能)が強化される事で美肌菌バランスが保たれます。皮脂膜(バリア機能)が強化される外的刺激からお肌が守られ、お肌の水分蒸発が防げます。。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、グリセリンを作り出します。美肌菌が作り出す保湿成分(グリセリン)と同時に肌は自ら保湿成分(自家製保湿因子)をつくりだしています。保湿膜は肌の水分蒸発を防いだり外的刺激からお肌を守ります。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、栄養源を元に有機酸を作り出します。作り出された有機酸によって肌は弱酸性の状態を保っています。弱酸性の肌環境は善玉菌が棲みやすい環境です。一方、悪玉菌はアルカリ性の肌環境を好みます。

美肌菌がつくる抗菌ペプチドは外来菌や病原菌の定着や侵入を防ぎ外的刺激から守っています。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、グリセリンを作り出します。美肌菌が作り出す保湿成分(グリセリン)と同時に肌は自ら保湿成分(自家製保湿因子)をつくりだしています。保湿膜は肌の水分蒸発を防いだり外的刺激からお肌を守ります。

美肌菌がつくる抗菌ペプチドは外来菌や病原菌の定着や侵入を防ぎ外的刺激から守っています。

美肌菌は汗や皮脂を栄養源として活動しており、栄養源を元に有機酸を作り出します。作り出された有機酸によって肌は弱酸性の状態を保っています。弱酸性の肌環境は善玉菌が棲みやすい環境です。一方、悪玉菌はアルカリ性の肌環境を好みます。

炎症(例えば赤みやニキビ)に対して、美肌菌を育てることにより、肌の菌バランスを整える働きがあります。菌バランスを整えることにより炎症の原因である細菌の増殖も防ぎます。美肌菌の働きにより、お肌が保湿されることによって、アクネ菌のエサである皮脂の過剰分泌を抑えることで炎症を抑えます。

美肌菌バランスが整うことで、肌表面の汗と皮脂バランスが整い皮脂膜(バリア機能)が強化されます。また皮脂膜(バリア機能)が強化される事で美肌菌バランスが保たれます。皮脂膜(バリア機能)が強化される外的刺激からお肌が守られ、お肌の水分蒸発が防げます。。

 

皮膚常在菌研究所

×

HAZUKI
(腸内美容®開発者)

菌と美の専門家が『本物』に徹底的にこだわり開発しました。

美肌菌バランスを整えるために、化粧品に配合している【乳酸菌生産物質】は、長年にわたり産・学・官共同で腸内細菌・美肌菌を研究を行なっている研究所により作られたこだわりの成分です。

HAZUKI

腸内美容®開発者

29年のエステ経営の中で、自己治癒の【インナービューティー】に拘り続けています。23年前に大病を患い、その時に乳酸菌生産物質と出会い腸内環境を整えることでにより病気を改善したことから、常在細菌を学び、特に腸と肌に着目しました。そこから、エステで使用する化粧品【美肌菌コスメ】や腸内環境のサプリを開発し、その結果から、商品の良さが話題になり国内から海外まで広がっています。現在は国内のエステサロンだけでなく、海外のサロンへの技術教育、商品開発などにも携わらせていただいております。

皮膚常在菌研究所

……….

………………….×

……….

HAZUKI (腸内美容®開発者)

 

菌と美の専門家が『本物』に
徹底的にこだわり開発しました。

美肌菌バランスを整えるために、化粧品に配合している【乳酸菌生産物質】は、長年にわたり産・学・官共同で腸内細菌・美肌菌を研究を行なっている研究所により作られたこだわりの成分です。

HAZUKI

 

腸内美容®開発者

29年のエステ経営の中で、自己治癒の【インナービューティー】に拘り続けています。23年前に大病を患い、その時に乳酸菌生産物質と出会い腸内環境を整えることでにより病気を改善したことから、常在細菌を学び、特に腸と肌に着目しました。そこから、エステで使用する化粧品【美肌菌コスメ】や腸内環境のサプリを開発し、その結果から、商品の良さが話題になり国内から海外まで広がっています。現在は国内のエステサロンだけでなく、海外のサロンへの技術教育、商品開発などにも携わらせていただいております。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.