About

肌の美しさをつかさどる
「美肌菌*」とは
私たちの体には「常在菌」と呼ばれる無数の菌が生育しています。
大きく分けて善玉菌・悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌の3つに分類され3種の菌がバランスを取りながら、有害な微生物から身体を守ったり、肌を健やかに保つ役割を果たしています。
※肌の常在菌、善玉菌のこと
「善玉菌」=美肌菌*
皮膚常在菌のうち、善玉菌に当てはまるのが、「表皮ブドウ球菌」。グリセリンという保湿成分を自ら生み出す性質をもっており、肌にうるおいや艶を与えます。また、うるおいが肌を覆うヴェールとなり、乾燥や紫外線、大気汚染などから肌を守る作用も果たすのです。美肌に導く役割を果たすことから、「美肌菌」*と呼ばれるようになりました。
「日和見菌」
日和見菌=アクネ菌
酸素があれば美肌菌*に近い働きをし、毛穴に汚れが詰まり酸素不足におちいると、ニキビを作るなどの悪事を働く菌。
「悪玉菌」
悪玉菌(黄色ブドウ球菌など)一定量より増えると肌トラブルを引き起こします。

美肌菌*の働き
うるおい成分を生み出す
汗や皮脂を栄養源として活動し
うるおい成分であるグリセリンを作り出します
肌のバリア機能をサポート
保湿膜を作り外的刺激から守るほか
肌のバリア機能を維持サポートする働きも
肌を弱酸性に保つ
健やかな肌は弱酸性です
美肌菌*は有機酸を作り出し、自らがすみやすい弱酸性へ導きます
with.美肌菌*
肌を整える

菌との上手な付き合い方

皮膚に常在する善玉菌、悪玉菌、日和見菌がバランスよく共生した状態=健やかな美肌です。


大事なのは、悪玉菌を一定量以上に増やさないこと。そして、美肌菌*を減らさないこと。「美肌菌*」がすみやすい環境が整えば、環境次第で性質を変える日和見菌も、美肌菌*の味方になります。いわば菌は美の運命共同体。菌と上手に付き合い、3つの菌のバランスを保つことが、美肌づくりのかなめです。
 
 

美肌菌*を守るために

美肌菌*が減ると、肌あれや肌老化を進行させてしまいます。それを食い止めるのがビオニストの「with.美肌菌*スキンケア」。

美肌菌*が苦手なもの

  • 空気の乾燥や紫外線、摩擦による刺激
  • ストレスや睡眠不足
  • 洗いすぎや間違ったお手入れ

美肌菌*の存在を尊重し、菌のすみ心地の良い肌環境を整えることで、本来の肌が持つ、美しくなる力を十分に目覚めさせます。

※肌の常在菌、善玉菌のこと